本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「シネマ食堂」 飯島奈美 | main | 秋の減量作戦 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「刻まれない明日」 三崎亜記

三崎 亜記
祥伝社
¥ 1,680
(2009-07-10)

30年に一度起る町の「消滅」を描いた『失われた町』から3年、残された人々の10年後を描くこの長編は待ちに待ったというか、続編が出るとは思っていなかったので思いがけなく嬉しい。またあの世界に帰っていけるのだから。

三崎さんの描く作品は現実社会と地続きのようでいて、微妙に生じているずれが魅力となっている。突然迷い込んでしまう異界というのではない。どこにでもある町を歩いているはずだったのに、わずかな段差に足を取られそうになる瞬間の驚きが、ごく当り前のように点在する世界だ。
どこからそんな発想が転げ落ちてくるのだろうと驚嘆するほどの、豊かな想像力に溢れていた前2作の短編集も面白かったが、『失われた町』が醸し出す世界観がすごく好きなものだから、今回の作品は格別な思い入れをもって読んだ。
どこがそんなに好きなのかと考えてみると、たぶんそれは居留地という異国の風がもたらす異文化憧憬と丁寧に描かれるお茶のシーンにある。そのふたつに失われてしまった者への喪失感、失われようとすることへの焦燥感がブレンドされて、忘れ難い記憶として脳髄に沁み込んでいったのだ。

残された者の10年。この10年は長いのか短いのか。

「開発保留地区」―それは十年前、3095人の人間が消え去った場所。街は今でも彼らがいるかのように日々を営んでいる。あの感動から3年―“失われた時”が息づく街を舞台に描く待望の長編。
「BOOK」データベースより
 3095人の人間が消えた10年前の出来事。何が起ったのはわかっても、なぜ起ったのか原因が明かされないままに時が経過し、「開発保留地区」という名で痕跡だけが残されている。人々の鼓動は消えたままに。

なんらかの形で“消滅”にかかわり、いまなおその出来事の痛みや傷を心に抱えて生きる登場人物たちが、記憶を生きるのではなく明日を生きようとする再生の物語。10年の時が悲しみを心の奥底深く沈めたのか、哀色を帯びつつもどちらかというと静かで穏やかな調子で物語られていく。
ひとつのエピソードを語り終わるごとに、ほんとうの終わりが近づいている確信が深まり、読んでいるとちょっと悲しい気がしてしまうのだ。
消滅したはずの図書館の貸出し記録、ラジオ局に届く失われた人々からのリクエストハガキ、特定の者の耳にだけ響くいまはない鐘の音、「開発保留地区」行きの幻のバスの灯り、席を空けて失われた人々を待ち続けるレストラン。町のいたるところに描かれている青い蝶。どのエピソードも少しの不思議と優しさを含んでせつない。

“消滅”により分かたれた家族、親子、恋人。10年前の惜別から明日へ向かうこの物語は、新たな出会いが運ぶラブストーリーでもある。気づけばどこかしこと恋愛モードでいっぱい。いやいや、いいですけどね。

失った手の温もりがいま別の手の温もりを感じる。
残された人々が明日に希望を繋いで前を向いて歩いていこうとする明るいラストだったと思う。
それでもどうしても気になってしまうのが失われた人々のこと。彼らにも明日へ繋がる道はあるのだろうか。

物語の始まりに「歩行技師」という風変わりな職業の人物が出てくる。公的機関に所属する彼の仕事は文字通り道々を『歩く』こと。道の意志を感じ取り歩く標とする。もちろん道自体の意志ではなく、長い間に蓄積された、道を歩いてきた人たちの思いの蓄積が導きとなるのだという、こういうところが三崎さんらしくまた妙に説得力があって印象に残った。
他にも「七階撤去」とか他の作品に通じる世界をみつける楽しさもある。
今回の長編だけでも独自のストーリー世界として成り立っているが、未読の人は合わせて『失われた町』も読んでもらいたいなぁと思う。
美味しいお茶が呑みたくなった。

2009年9月6日読了
| 三崎亜紀 | 21:29 | comments(8) | trackbacks(3) | | |

*スポンサーサイト

| - | 21:29 | - | - | | |

♯ コメント

雪芽さん こんばんは
こんな本が出ていたのですね。雪芽さんの記事を読んだだけで「失われた街」を再読したくなりました。「刻まれない明日」を読む時には再読と合わせ技ですね 笑
| yori | 2009/09/21 10:26 PM |
yoriさん、こんにちは。
そうです、いつの間にかこんな本が出ていました。
油断なりません。
合わせ技、いいですね〜、読む時はぜひそれで!
| 雪芽 | 2009/09/27 4:14 PM |
雪芽さん、こんばんは。
私も2009年に読んだ本の中でもこちらはとても印象に残る作品になりました。「歩行技師」という職業の発想には舌をまいちゃいました!一度、三崎先生の頭の中を覗いてみたいです(笑)
| Spica | 2010/02/01 9:40 PM |
Spicaさん、こちらにもありがとうございます。
三崎さんの頭の中はほんとどうなっているんでしょうね(笑)
「歩行技師」は凄い発想でしたね。
歩くことがあんなに奥深い仕事として表現されていて、しかも読んで納得させられてしまうんですから。
| 雪芽 | 2010/02/02 10:03 PM |
雪芽さん、こんばんは(^^)。
別離の悲しさと、それを抱いてなお前へ進もうとする人々の、美しく力強い物語だったと思います。
相変わらず「三崎さんの設定ノートが読みたい!」と思ってしまうんですが、あちこちで別の作品とリンクして、世界観が私の中で固まってきたようです。
ストーリーも、世界観も、とても好きですね。
| 水無月・R | 2010/02/18 12:09 AM |
水無月・Rさん、こんばんは。
ずっとブログをお留守にしていたのでお返事遅くなってごめんなさい。
なんだかんだでオリンピックTV観戦に燃えているという毎日、読書は?感想は?どこかバンクーバーより遠いところにいってます。
(今年もこんな一年か)

三崎さんの設定ノート、読んでみたいですよね〜
頭の中であれこれ浮んだイメージを言葉にする。
誰かの気持ちに届く言葉として綴る。
連なる言葉が読み人の中に刻まれる。
せつなく美しい物語が読める喜びを感じました。

そうそう美しいだけじゃない、力強さが備わっているところが、より素晴らしいですね!
他の作品とのリンク、三崎さんの世界が静かに築かれつつあって、それも密かな読書の楽しみです。
| 雪芽 | 2010/02/22 7:43 PM |
雪芽さん こんにちは
ブログ御無沙汰ですが、お元気そうでなによりです!!
この記事には以前にもコメントを寄せていたのですね。2冊合わせ技とはいきませんでしたが、とても良かった。満足です!!
| yori | 2010/05/05 6:21 PM |
yoriさん、こんにちは。
思わぬところでお会いできて嬉しかったです(^.^)
どちらも長編ですから合わせ技はなかなか難しいですね。
それぞれに満足な作品でした。
きっとあの世界観がすごく好きなんだと思います。
| 雪芽 | 2010/05/09 4:41 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

三崎亜紀 「刻まれない明日」
刻まれない明日(2009/07/10)三崎 亜記商品詳細を見る 内容(「BOOK」データベースより) 「開発保留地区」―それは十年前、3095人の人間が消え去っ...
| ホシノ図書館 (本と映画の部屋) | 2010/02/01 9:36 PM |
『刻まれない明日』/三崎亜記 ◎
十年前、3095人が姿を消した。天災とも人災ともいわれ、詳細が明らかにされないまま過ぎ去ったこの十年、失われたはずの人々は、今はもう存在しない図書館から本を借り、ラジオ局にハガキを送る。この街は、失われた人々を悼みながら、その喪失感と共に生きてきた。
| 蒼のほとりで書に溺れ。 | 2010/02/17 11:09 PM |
道は続く
三崎亜記、気になる作家、である。 まるで気になるあの娘(この作家は男ですが・・・笑)に 恋をしそうで、でも何となく一歩が踏み出せない。 決して恋焦がれるわけではない。 やはり、気になるあの娘止まり、なのである。 そんな三崎さんに、 私は「鼓笛隊の襲来」で
| 活字の砂漠で溺れたい | 2010/05/05 6:10 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS