本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「ころころろ」 畠中恵 | main | 読書の冬へむけて >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*しがみつかない生き方「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール 香山リカ

 「ふつうの幸せ」が最大の幸福、と本の帯にある。
ここで考える。なによりふつうが難しい。“ふつう”というからに、多すぎもせず少なすぎもせず、中くらいのほどよいバランスの取れた位置なり量なりがあって、これがまあまあふつうなのだと考えるところが人それぞれにあるのだろうと思うのだ。

自分が、あなたが、あのひとが思うふつうはたぶん同じじゃない。
サーカスのピエロのように人生というおおきな玉の上で、調子よくころころと有頂天で転がってみせたり、危うくよろけたり、落っこちてはやり直し。なかなか定まらないものだ。
ふつうの幸せってなに?
しかとは答えられない自分がいる。

 ふつうの幸せでよいと望みながらも、そのふつうを得るのは案外難しい。
この香山さんの本は10章の項目をあげて、具体的な話を織り込みつつ恋愛やお金や子どもにしがみつかない生き方を問い、勝ち組競争の中で主張されてきたことへ疑問を投げかけ、また常套句のように掲げられた言葉についても、必ずしも是ではないことを示す。

すごく売れているようだ。本屋へいくと売上の1位のところに置かれているのを目にし、ほぉ〜と思う。成功のための法則本、勉強術、仕事術など、基本的にはよりよく頑張って成果を得るための指南書だ。自分へのハッパかけ本ともいう。1冊で足りないので何冊も買う。
この本を読んでみて、疲れているのかなと思った。不安定な政情、災害、流行性の病、こつこつがんばることが生活の安寧に結びつくとはいえない雇用情勢。
第10章の<勝間和代>を目指さない、で取り上げられている勝間さんの本は多数本屋で目にするが、彼女が提唱するような生き方、方法論ではすくい取れないひとたちへ向けたメッセージが、この香山さんの本なのかなと思った。

777
7がみっつ並んでいた。本書のお値段である。ちょっと気分が浮き上がる心地。こんな動機で買ってしまっていいものか。

道草も休憩もありがいい。白黒だけではなく三木清が『人生論ノート』の中で書いていたような夜明け前の白明の世界も好き。しがみつかない、その思いも強ければまたそれ自体がしがみつくことになる。揺れる価値観に惑い、それでもぼちぼちいくことになるのかな。

2009年10月12日読了

図書館に予約いしていた本が3冊貸出し可能になり、読書の秋を決行しなければいけない。ぜ〜んぜん読書の秋じゃない生活だから。
観た映画は「チェンジリング」、「海の上のピアニスト」、「カフーを待ちわびて」
羽生王座は王座戦防衛で18連覇。今日から将棋の竜王戦が始まった。
先月になるが札幌ドームに野球観戦に行く。パ・リーグはファイターズ優勝!
楽天、田中投手15勝おめでとう!

| 本・いろいろと | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:55 | - | - | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS