本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 2010年の本・漫画・映画etc | main | ねこに会いに行く >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*あけましておめでとうございます

 2011年、年の初めの3日間は暖かくて、札幌は穏やかなお正月です。
こんなふうに1年がゆったりと穏やかに過ぎていけばいいのになぁと思いますが、先は予想がつかないし、たとえ自分で予定していることでも思わぬ方向へ向かってしまったりで、だから面白いともいえますが。
手の中にある真っ白なページをこつこつと一行ずつ埋めていくだけですね。

昨年はブログの更新もままならず、なんとなくこのまま止めるのもいいかもと考えることもありました。でも、ふとブログを始めた頃を思い起こすと、ほとんど訪れる人もいないし、誰かからコメント頂けるとも考えない状態で、本を読んで感じた思いだけを書き残しておきたいと、パソコンに向かっていたんですよね。気持ちはすごくシンプルでした。
今年は少し初心に戻ってブログを続けてみようと思います。

ぴょんぴょん跳ねるうさぎ年のこの一年、みなさんにとって楽しく、嬉しく、幸せな年でありますように!


毎年読んだ本のマイベストを決めるのですが、昨年はあまり本を読んでいないので困ります。困りますが少ないながら好きな本と映画のマイベスト。
 2010年本のマイベスト
「火を熾す」 ジャック・ロンドン 
「エンダーのゲーム」 オースン・スコット・カード 
「1Q84」Book1 2 3 村上春樹
「コロヨシ!」 三崎亜紀
「ペンギン・ハイウェイ」 森見登美彦
「ストーリー・セラー」 有川 浩

読んだ順に並べてあるので順不同ですが、断トツに好きなのはジャック・ロンドンの「火を熾す」です。ひとつひとつ雪の結晶のように様々な表情を見せ、そこに満ちる言葉がもたらす空気がひんやりとして美しい短篇集でした。
村上春樹はやっぱり好きなので、「1Q84」はしばらくぶりの長編ということもあり3冊まとめてどんと読んで堪能しました。
いちばん涙を搾り取られた本といえば「ストーリー・セラー」でしょうね。

2010年映画マイベスト
「ぼくを葬(おく)る」
「バベットの晩餐会」 
 「パンズ・ラビリンス」

「ぼくを葬(おく)る」は海岸のシーンがいまだ頭から離れません。命の海、生に満ちた人々の喧騒、その中にあって独り静寂と死に佇むという対比と、繰り返される波の音。
映画は今年はもっともっと観たいなと思っています。
昔の映画で有名な作品でも観ていないのがまだまだたくさん。
いつものお正月は読書三昧ですが、今年はDVDで映画を5本観ました。近くにレンタルショップが出来たのが嬉しい。
| 365分の1ーもの想う日々 | 18:23 | comments(12) | trackbacks(0) | | |

*スポンサーサイト

| - | 18:23 | - | - | | |

♯ コメント

明けましておめでとうございます。
そして、「お帰りなさい」って気持ちです。
無理せず、ぼちぼちと…。
今年もよろしくお願いします。
| | 2011/01/03 6:49 PM |
雪芽さん☆あけましておめでとうございます
「バベットの晩餐会」いい作品ですよねぇ!
この題名を聞いただけでお腹空いてきた〜(#^.^#)
本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
| Roko | 2011/01/03 7:06 PM |
明けましておめでとうございます。
初心、大切ですよね。私の初心は……なんだったかなぁ(笑)

今年もどうぞよろしくおねがいいたします。
| 空穂 | 2011/01/03 11:54 PM |
栞さん、「ただいま〜」
「お帰りなさい」の気持ちがとっても嬉しかったですよ。
そうですね、無理しないで自分の出来るペースでいきます。
前後しましたが、あけましておめでとうございます。
どうぞ今年もよろしくお願いします。
| 雪芽 | 2011/01/04 9:48 PM |
Rokoさん、あけましておめでとうございます。
「バベットの晩餐会」いいですね。
あの晩餐の豪華なこと、じゅるっ
一番好きなのは皆が手を取り合い輪になって踊るところ。
お腹は満たされないけど、気持ちは満腹で幸せになりました。
どうぞ今年もよろしくお願いします。
| 雪芽 | 2011/01/04 9:48 PM |
空穂さん、あけましておめでとうございます。
確かに初心忘れずとはいいますが、ついつい忘れてしまうものですね(笑)
どうぞ今年もよろしくお願いします。
| 雪芽 | 2011/01/04 9:49 PM |
雪芽さん 明けましておめでとうございます
お久しぶりですが、でもたまにTwitterでお見かけしております 笑 三崎氏の作品は未読で、気になりますね。今年も相変わらず、よろしくお願いいたします!!!
| yori | 2011/01/05 5:11 PM |
雪芽さん、こんばんは。
新年明けましておめでとうございます。

テンプレートのデザインが、とっても明るくて可愛くて、おめでたい〜!!いいですねぇ。

本のベスト、私はまだ読んだことがないものばかりですが、「火を熾す」がとても気になります。

映画のベストは、私も好きな作品ばかりで嬉しいです。
「ぼくを葬(おく)る」のあの海岸のシーンは忘れられませんね。
「バベットの晩餐会」午前十時の映画祭が今年も第2回として開催されるので、またまた見に行こうかと思っていたのですが、版権の関係で今回は上映がなくなって残念です。
でも心の中で何度も何度も思い返せる。素晴らしい作品ですよね。

今年も雪芽さんにとって素敵な年でありますように。
本や映画のお話、また楽しみにしています。

どうぞ、よろしくお願いします♪
| 瞳 | 2011/01/05 9:05 PM |
雪芽さん、あけましておめでとうございます。
拙ブログでも書きましたが、みなさんツィッターにいっちゃったりブログとまっちゃった方が多いので、ブログ継続嬉しいです。
本や映画の話、楽しみにしています。
今年もよろしくお願い致します。
 
| 樽井 | 2011/01/06 1:16 AM |
yoriさん、あけましておめでとうございます。
Twitterもロム専に近くなってしまって。
今年はもっといろんなところでフットワーク軽くいけるといいのですが。
三崎さんの作品は不思議な面白さがありました。
掃除が競技に!?
発想の意外性が三崎流でした。
今年もどうぞよろしくお願いします。
| 雪芽 | 2011/01/10 7:23 PM |
瞳さん、あけましておめでとうございます。
1月はこのおめでたモードのテンプレートにしようかと思っています。
札幌のあまりの寒さに暖色系が恋しい。

「火を熾す」はいいですよ。
図書館で借りたのに、手元に置いておきたくて買ったくらいです。
映画はほとんどDVDですが、体調良ければ映画館でも観たいものです。
午前十時の映画祭、今年もあるんですね!それは嬉しい。
記憶が薄らいでも何度でも映像を心の中で再現したくなる作品ですね、「バベトの晩餐会」は。

瞳さんも素敵な1年をお過ごしくださいね。
今年もどうぞよろしくお願いします。
| 雪芽 | 2011/01/10 7:24 PM |
樽井さん、あけましておめでとうございます。
やはり継続していくことが一番難しいのかもしれませんね、ブログにしろ何にしろ。
樽井さんのブログは更新も頻繁だし、話題も豊富ですごいわぁといつも思っています。
ずっと更新を続けているブログをみると、自分ももう少し続けてみようかなという気持ちになります。
いろんな本や映画のお話したいですね。
今年もどうぞよろしくお願いします。
| 雪芽 | 2011/01/10 7:25 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS