本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「生協の白石さん」 | main | 新年のご挨拶 >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「スキッピング・クリスマス」

スキッピング・クリスマス
ジョン・グリジャム

ちょっと早いがクリスマスのお話をひとつ取り上げてみよう。
一人娘のブレアがボランティアでペルーに旅立つのを見送ったルーサーとノーラ夫妻。愛娘のいないクリスマスを迎えることになる二人は、会計士である夫ルーサー・クランクの提案で豪華クルーザー旅行を計画する。
クリスマス当日から10日間を南の島で過ごすのだ。
スキッピング・クリスマス、ささやかな“クリスマスすっぽかし”計画が、ヘムロック・ストリートの住民を巻き込んでの大騒動へと展開していくコメディ。
さて、首尾よくクランク夫妻は豪華クルーザー旅行で夢のバカンスを過ごせるのか。
前の年にクランク家がクリスマスの為に支出した総額は、なんと六千百ドル。
六千百ドルが何に消えたかといえば、ツリーにする糸杉に飾りつけのオーナメントに電飾類にハムと七面鳥とペカンとチーズボールとワインとリキュールと葉巻と家族や親類への贈り物に何十枚というクリスマスカードにいくつかの慈善団体への寄付にホームパーティにかかる費用にと、書いていて息切れしそうになるくらいの出費の数々だった。
キリスト教徒でもなく、クリスマスが華やかな年末のイベントのひとつに過ぎない者にしてみれば、登場人物達のクリスマスにかける並々ならぬ情熱と支出には驚嘆する。

クリスマスへの情熱は個人や家庭の内に止まらない。地域として取り組む一大イベントでもあるのだ。
その一例が、ヘムロック・ストリートの通りを挟んで立ち並ぶ家々の、屋根に取り付けられる電飾の入った巨大な雪だるまのフロスティである。
南のスタントン・ストリートは赤鼻のトナカイ、北のアッカーマン・ストリートは銀色の鐘。
屋根に立つ雪だるまのフロスティ、ツリーや家を飾る電飾、趣向を凝らしたクリスマスの飾りつけを、各町内対抗で競い合う大会も催される。
個人主義のイメージが強い国だけに、こういう地域コミュニティのエピソードはアメリカの別の顔をみるようだった。

ともあれ、これだけ人々が情熱を注ぐクリスマスイベントをすっぽかそうというのだから、さあ大変だと大騒ぎになる訳だ。
噂は徐々に町中に広まる。
ルーシーとノーラは周り中から驚きの声を浴びせられ、時には冷ややかな視線を受けさえするが、自分達を鼓舞し納得させながら25日の出発に向けて計画を進めていく。
完全な孤立状態に置かれ、くじけそうになることはあっても、押し寄せる重圧をひとつひとつ撃退していくふたりの奮戦ぶりは涙ぐましい。

ところが多大なる犠牲と労力を要して向えたクリスマスイブ、明日は出発というところまできて大どんでん返しが二人を待ち受けていた。
それは一本の電話から始まった。
忌々しいとさえ思っていた隣人達だったが…
もう後は可笑しくちょっと切ないような温かさのある結末に向けて、ルーシーとノーラ、ヘムロック・ストリートの住人達、町の消防士や警察署員総動員でなだれ込んでいくのだった。

いかにもアメリカらしさを感じさせるお話で、余計なことを考えずクリスマス狂想曲を楽しむのがお勧め。
最後に心に何かしら温かく湿った思いを感じたなら、それこそクリスマスストーリーの面目躍如というところだろう。

スキッピング・クリスマス著者は『評決のとき』『ペリカン文書』などのリーガル・サスペンスで知られるジョン・グリジャム。
「スキッピング・クリスマス」は文庫本も出ている。
| ■か行の作家■ | 18:15 | comments(14) | trackbacks(1) | | |

*スポンサーサイト

| - | 18:15 | - | - | | |

♯ コメント

もう、どうしよう(笑)
こちらも今積んでる本です。
この時期になると、クリスマス本、気になります。
これはグリジャムってことも気になりましたね〜。
あちらの方のクリスマスにかける、情熱と出費はすごいですよね〜。クリスマス狂騒曲、楽しみたいです!!

実は、うちの団地、地域でクリスマス電飾を奨励してまして、入居した時に電飾1セットもらうのですよ(笑)
結構有名になってまして、TVとかで流されたりします(もちろん地域ネットですけど)なので、今年も電飾飾らないといけません(汗)
| 瞳 | 2005/11/28 7:59 AM |
初めまして、雫と申します。瞳さんのBlogからお邪魔させていただきました。
このお話、本当に楽しかったです。そして結末に向ってこちらまで慌ててしまいました。和書では泣けますという宣伝になっていますが、クリスマスらしい終わり方と思いました。

瞳さんの団地、状況が似ていますね(*'-'*)エヘヘ
| | 2005/12/01 7:47 PM |
瞳さん、メリークリスマス!、にはまだ早いですね(笑)
クリスマスの本、いまたくさん店頭に並んでいて思わず手が伸びます。この物語の主人公ルーサーと違ってクリスマスの雰囲気大好きですから。わくわくします。
日曜に図書館に行って借りてきた本の一冊が「スキッピング・クリスマス」でした。瞳さんのブログで紹介されていた角田光代さんの「この本が、世界に存在することに」もあったんです(嬉涙)
期限までに読めるだろうか、汗

入居の際に電飾1セットがもらえる?!それはすごい!
まるでこの本の世界にリンクするようなお話ですね。
自然とクリスマス気分が盛り上がっていきそう。

雫さん、初めまして!
素敵なHNですね。雫って好きな漢字なんです。
雫さんはこの本読まれたのですね。
最後の夫妻の慌てふためきように、読んでいるほうもドキドキでした。間に合うか、大丈夫かって。
最近泣けます!という宣伝文句多いですね。
泣けるかどうかは別として、クリスマス気分を満喫した本でした。

そうですね瞳さんの団地のお話驚きました、似てるって。
綺麗に電飾で飾り付けられたのを観るのは好きですけど、飾るのも仕舞うのも大変そうです。
| 雪芽 | 2005/12/01 10:26 PM |
雪芽さん、こんばんわ〜。
この本、出雲に行ったとき、帰りの岡山の
空港で見かけたんですよ。
もう、そんな時期だな〜と表紙に可愛らしさに
気になっていた本の一つで。
忘れないように思わずメモとったんです、タイトル。
そしたら、こちらで発見して
オオーw(*゜o゜*)wって驚きました(笑)

12月は読みたい本がたまって困ります。
まだ、サキ短編集も西日の町も積んである…。
それなのに、読みたい本は増えていくばかり。
ああ、どうしよう(爆)
| littleapple | 2005/12/04 5:55 PM |
義経へのコメントいただきありがとうございます。

最終回の終わり方が気になりますね。
まさか大陸へは渡らないとは思いますが・・・。

雫さんは、本を読まれてますね〜。
私も本は好きなんですけど、恐れ入った!というぐらいの量じゃないですか!

| 「感動創造」 | 2005/12/04 9:56 PM |
すいません
お名前間違えてしまいました。訂正させてください。
雪芽 さんですよね。

ほんとごめんなさい。
| 「感動創造」 | 2005/12/04 9:58 PM |
あらためましておはようございます。

わざわざご丁寧に痛み入ります。
雪芽さんのお人柄が伝わってきますね。

これからもお勧めの本などありましたら
教えてくださいね。

ちょっとはやいですが
「メリー・クリスマス!」
| 「感動創造」 | 2005/12/05 9:25 AM |
雪芽さん、こんばんわ〜
ようやくサキ短編集読了いたしました(笑)
お立ち寄りの際には、読んでみて下さいね
(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

それはさておき。
スキッピング・クリスマス
私も早速、読んでみました。
明日にはレビューを書こうと思ってます。
(明日の出勤は遅いので、午前中に書いちゃう予定(笑))

書きあがったらまた、お邪魔いたしますね。
それでは、足跡でした♪
| littleapple | 2005/12/12 9:51 PM |
感動創造さん
改めましてコメントありがとうございます。
あちらでは何度かお話させて頂きましたが、感動創造さんのコメントは優しくて温かく響いて、元気が出ます。
もう一度、一足早いメリー・クリスマス!
| 雪芽 | 2005/12/16 7:37 PM |
littleappleさん
お返事遅くなりました。先に備忘録のほうに遊びにいちゃった。
本はちょこちょこ読んでいるのですが、年内は感想をアップしている時間がなさそうなんですよ。
旅行で家を空けることにもなりますし。準備がまだ。
恩田さんの「黄昏は百合の骨」、角田さんの「この本が世界に存在することに」、米村さんの退屈姫君シリーズ、「白鳥異伝」もまだ書いていない。
なのに読みたい本が目白押しです。
年が明けたら気持ちも新たにいろんなジャンルの本を取り上げていきたいと思っていますので、また遊びにいらして下さいね。お待ちしております。
更新はしないけど、こちらからは本のお話をさせて頂きに伺いますので、どうぞよろしく!
| 雪芽 | 2005/12/16 7:49 PM |
雪芽さん、こんばんわ
TBありがとうござました。
私もさせていただきますので、よろしくお願いします。
(o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

それにしても。
すっかり寒くなりましたね〜。
今日なんて、関東すごく冷え込んで外に出るのが辛かったくらい。
南国に逃亡したいです(爆)。
 
今年は更新お休みなさるのだとかって。
少しの間、残念ですけどのんびりとお待ちしてま〜す。
お返事のコメント拝見していたら、読了なさった
本のラインナップがそそられること、そそられること(笑)。レビュー、を楽しみにしてますね。
ああ〜、来年よ早くこ〜い、なんて( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
| littleapple | 2005/12/19 10:53 PM |
littleappleさん、こちらこそTBありがとうございます。
全国的に記録的大雪で大変なことになっていますが、
そんな中明日から旅行に出る私って^^;
無事に行って帰ってこれるのかしら。
戻ってきたらまた年前のご挨拶に伺わせて頂きますね。
来年は落ち着いて本を読める年になるといいのですけど。
| 雪芽 | 2005/12/22 8:15 PM |
「スキッピング・クリスマス」の映画化されたのを昨夜観ましたよ。「クランク家のちょっと素敵なクリスマス」なんだかずいぶん長くて普通の題になってますよね。

かなりコメディ色強くなっていました。近所の人たち、強力すぎ(笑)ルーサーもノーラもね・・、やりすぎ?って思うところもありましたけど・・

でも最後の盛り上げは、楽しかったです。
あの誰も名前を知らないマーティ、彼の使い方が映画らしくて面白いですよ〜。
それと電飾!!綺麗でした!!やっぱり本場、違いますねえ(笑)
ちなみにうちの団地の電飾、やっと終わりました・・これで片付けられます〜(笑)

| 瞳 | 2006/01/09 10:13 PM |
アメリカ映画ですよね。
なんだか想像できるような気がします^^;
さぞや強烈なんでしょうね、ご近所軍団。
その長いタイトルは邦題ですか?
「スキッピング・クリスマス」のほうが、クリスマスなんぞしないぞ〜、っていうクランク氏の強い思いが伝わってくるように思うんですけどね。

瞳さんのところの電飾、そうかクリスマスだけで終わりではないんですね。
確かにクリスマスだけではもったいないけれど。
飾るのも片付けるのも一苦労でしょうね、ほんとお疲れ様です。
| 雪芽 | 2006/01/09 11:41 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

スキッピング クリスマス
クリスマスなんて面倒くさい イベントだの食事だのプレゼントだの。 余分なお金はかかるし、しかも、その大部分は無駄な出費である。 毎年恒例のこのイベント せっかく一人娘
| 備 忘 録 | 2005/12/19 10:45 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS