本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡
<< 「ぬしさまへ」 畠中 恵 | main | 漢字バトン >>

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「薄紅天女」

薄紅天女
荻原規子
「勾玉」3部作の最後は「薄紅天女」
今回は少年阿高が主人公。前作で遠子がついに見つけることのできなかった明玉の所在が明らかになる。
これを読んだら勾玉シリーズも終わりかと思うと、とても名残り惜しい気持ちになるが、読み始めればノンストップで物語に引き込まれていくのは常のこと。
物語は第一部阿高、第二部苑上の二部構成。
いつもふたり連なるように一緒にいることから二蓮呼ばれている藤太と阿高は、同じ年ながら叔父と甥の関係にある。
ある時、片時も離れずにいるふたりに変化の兆しが訪れる。
それは藤太の恋だった。
この恋をきっかけとして、阿高は運命に誘われるように蝦夷の住む地へと向うことになる。阿高の旅、それは自分が何者であるかを捜し求める旅でもあった。自分が何者なのか、こういう物語には冒険に満ちた旅がつきものなのだ。ついでにいえば恋も。

阿高を追って故郷を離れる藤太には遊び仲間の広梨、茂里も一緒だ。これまでの勾玉シリーズとの違いは、男達の友情物語の一面もあるということだ。
もうひとつの違いは、本来闇の一族の巫女が持つはずの勾玉の担い手が、男である阿高だという点にある。何故阿高の手の内で明玉は輝くのか、何故自分なのかという阿高の問いは、二部で阿高達を都へと向わせる。

一部、二部とおして登場する坂上田村麻呂の存在も忘れてはならない。田村麻呂が征夷大将軍を率いて東北へ赴き、都へ連れ帰った蝦夷アルテイが悲しい末路を向えるのは後のお話。
ちなみに田村麻呂の存在も、蝦夷征伐もちゃんとした歴史上の話だ。

二部では皇女苑上の視点からまず物語が進められていく。
都に蔓延る物の怪の影。苑上が知ることになる物の怪の正体とは、と都の闇を覗くように謎は深まっていくから、読んでいてつい先を急ぎたくなってしまう。
男の姿に成りを変えた苑上にとって阿高の存在がどう変化していくのか。それはまた逆もいえることなのだが。

今回は恋よりも友情。だけど最後にはちゃんと映画「愛と青春の旅立ち」のような展開も用意されており、ポイントは外さない。だってこれは阿高達少年や苑上の冒険と成長、そして愛のお話であるのだから。

大きな力を持つことを羨ましいと思うだろうか。
力だけを望み慢心し、過信すれば力に取り込まれる。
物語の中で大いなる力は必ずしも幸せに結びつかない。
逃げることなく運命を受け入れ、何ものかに託す心を持った時、やっと彼らは本来の自分に還れる。
そんなことを勾玉シリーズに出てきた少年達から感じた。
いまの時代を省みると、自分の得た力に結局喰い尽くされてしまった人々が、ニュースを賑わしている。

達谷磐



岩手県平泉町
達谷窟毘沙門堂


蝦夷を破った坂上田村麻呂の、東北平定の戦勝御礼に作られたお堂。中には108体の毘沙門天が祀られている。写真は去年旅行した折に撮ったもの。
| 荻原規子 | 23:06 | comments(4) | trackbacks(2) | | |

*スポンサーサイト

| - | 23:06 | - | - | | |

♯ コメント

こんにちは。
勾玉三部作も、いよいよ最後の作品ですね。

坂上田村麻呂の蝦夷征伐や藤原薬子の話など、勾玉の力よりも人の世界としての物語という側面が強いような気がします。

最近のニュースを見るにつけ、勾玉はなくとも、人の領分を超える力というものはあちこちに転がっているようですね。
| 空穂 | 2006/02/12 9:21 PM |
空穂さん、こちらにもコメントありがとうございます。

最初の「空色勾玉」は神話の時代のお話でしたが、
これは人の世の時代のお話ですものね。
三部作それぞれに面白くて、また時間を置いて読み返してみたいなと思っています。

現代の人の心に巣食う物の怪を鎮める勾玉があれば、なんて考えてしまいました。
| 雪芽 | 2006/02/12 10:36 PM |
雪芽さん、こんばんわ〜
ここ数日、どうもあたふたしててすっかりお返事がおくれてしまってごめんなさい
(o*。_。)oペコッ

ついに勾玉三部作読了なさったのですね。
添えられた写真を拝見して、一瞬、物語の世界に入り込んだ錯覚を起こしてしまいました。
ああ。
あの物語の中に入ってみたいなぁと(笑)

レビューの最後の一文
自分も本当にそう思います。
だからこそ、ファンタジーや本に理想や夢を仮託してしまうのかも知れません。
本を見習いたまえ、とでも言ったらいいのでしょうか(笑)

遅くなりましたが、私もTBさせていただきます。
こちらもよろしくお願いします
(o*。_。)oペコッ
| littleapple | 2006/02/14 11:40 PM |
こんばんは〜
「備忘録」にずっとお姿見えなかったので、お忙しくしているんだろうなと、勝手に想像しておりました。
お元気な声がまた聞けて嬉しいです。

勾玉シリーズではないけど、荻原さんの和風ファンタジーにはまだ、「風神秘抄」がありますね。こちらもぜひ読んでみたいと思いますが、が、単行本なんですね(涙、そして遠い目)

TBもありがとうございます。
| 雪芽 | 2006/02/15 9:28 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

荻原規子 / 薄紅天女
[Amazon] [bk1] 「薄紅天女」のノベルス版が発売されました。 人の...
| 柚子庵 | 2006/02/12 9:22 PM |
薄紅天女
「勾玉三部作と言われる」シリーズ完結篇は、坂上田村麻呂が登場するお話。 といっても、彼は脇役。 ちなみに、このシリーズ。 勾玉が重要なモチーフとして扱われているだけで、
| 備 忘 録 | 2006/02/14 11:41 PM |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS