本や映画の感想、日々の雑感などを徒然に書いております
ネタバレもあるので未読の方はご注意ください
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND

 極北ラプソディ 

  
読んだり観たり
雪芽さんの読書メーター 雪芽の最近読んだ本 雪芽さんの鑑賞メーター 雪芽の最近観たビデオ
読みたい!聴きたい♪
Blog散歩道
今年読んだ本
将棋○名人戦・順位戦●
≡ SPONSORED ≡

*スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

*「トーマの心臓」

トーマの心臓
トーマの心臓
萩尾 望都
春も近い土曜の朝、少年は一通の手紙を残して死んだ。

ユリスモールへ
     さいごに
これがぼくの愛
これがぼくの心臓の音
きみにはわかっているはず


トーマ・ヴェルナーがユーリへ残した言葉の意味は?
少年の死は事故ではなく、自殺だったのか?

トーマと入れ替わるようにして、ギムナジウム、シュロッターベッツにやってきたのが、自由奔放、ママ・マリエから引き離された愛のさまよい子、トーマに生き写しの転校生エーリク。
品行方正な委員長として人望を集めながら、内面、神への信仰と人に明かせない過去との狭間で悩み揺れるユーリ。
二人の父への想いと、ユーリへの想いを秘めたオスカー。

少年達の繊細で煌く生命の一瞬一瞬が交錯する。
時に熱情、時に冷酷、時に哀しく、愛憎を交えた光と影が少年達の魂を浮かび上がらせていく。
続きを読む >>
| 漫画 | 19:05 | comments(4) | trackbacks(0) | | |
<< | 2/2PAGES |
ABOUT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
TRACKBACK
ありがとうございます
COMMENTS
ありがとうございます
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS